平成28年熊本地震
平成27年関東・東北豪雨
平成26年広島土砂災害
東日本大震災
その他これまでの自然災害により
被災された皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
GEAR [ギア] Another Day 五色の輪舞 ロードス島戦記 ファリスの聖女 完全版 (単行本コミックス) 機巧亭茶館 (バーズコミックス スペシャル) おぼろ探偵帖 (バーズコミックス スペシャル) 紅色魔術探偵団 (バーズコミックス スペシャル) 人魚變生 (バーズコミックス スペシャル) 夢の博物誌 (バーズコミックス スペシャル) 百花庭園の悲劇 (バーズコミックス スペシャル) ラストコンチネント 上 (バーズコミックス スペシャル) ラストコンチネント 下 (バーズコミックス スペシャル) BEAST of EAST (4) (バーズコミックス デラックス) 「十二国記」画集〈第一集〉久遠の庭
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
GEAR Ver.2.00
 

9月から始まった「GEAR-Ver.2.00」を観に行ってきました。
今バージョンはバトントワリングに代わってジャグリングが加わってます。
どんなパフォーマンスになるのか、凄く楽しみにしてました!
で、ジャグリング、凄かったです。ディアボロはコマにライト仕込んであって、暗闇に映える。綺麗。



 
本日のパフォーマー。


Ver.1.00楽日にも感じたんだけど、今回も演者のアンサンブルがますます安定してきた印象。雰囲気良かったです。
正直、初めて観た時はソロパートとストーリィ部分がうまくはまっていない印象だった。ソロパートはパフォーマーの「個人」が出てる、っていうのかな。でも今は、「個人」と「物語上のキャラクター」がちゃんと共存している感じ。
パフォーマーの皆さんも、普段の舞台から多分色々な要素を盛り込んだ演出をされているんだろうけど、この舞台ではそれ以上に「演じる」ことを求められていると思うのです。
そして、皆さんそれをクリアしてらっしゃる。
正直、ブレイクダンスやジャグリング、マジックって…マイムやバレエより演劇の要素が少ないと思っていたんですよ。なので、「GEAR」を観てびっくりしたわけです。

プロ、かっけーーっ!!



| 演劇 | comments(0) |
『GEAR』、観てきました〜♪
ノンバーバルパフォーマンス(言語を越えた表現)と言うのだそうです。

予想以上に凝っていて面白い舞台でした。
それぞれの技も凄くて、綺麗な場面はすごく綺麗で、迫力があって、驚くところがあって、ちょっと泣けます。

キャラクターがねぇ、とにかく可愛い♪
“ドール”が特に可愛いのヨ。
ちょっとAfter DinnerのHACOちゃんぽいというか、お耽美というか。
スチームパンクな美術も含め、山田章博好きには堪らない世界観です。



7月以降、次公演からは違う物語になるらしいので、このキャラクター達を見られるのは今だけ!
次回作も、山田が新たなイメージイラストで応援します。
今公演のオリジナルグッズも、お早めにお買い求め下さいね♪



終演後、イラストパネルの前でサインを挟んで(笑)スタッフの方と記念撮影。
続きを読む >>
| 演劇 | comments(0) |
ミュージカル『銀河英雄伝説〜第二章 自由惑星同盟篇』♪
皆さま、今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

なつは、な、な、な、なんとっ! あのっ!大人気ミュージカル… 『銀河英雄伝説〜第二章 自由惑星同盟篇』に行ってきましたぁ―――っ♪



しかも、もったいないことに御招待!

田中芳樹先生、事務所スタッフの皆様、光文社様に感謝、感謝です。
そしてお席はなんと、田中芳樹先生の二つお隣というVIP待遇。
間に山田センセが挟まっていたんですけどね;
うぅ〜んこの際、「アルスラーン戦記」文庫カバー絵担当の山田センセにも感謝だっ。




さて、『自由惑星同盟篇』ですが、ヤン・ウェンリーが主人公のお話。
続きを読む >>
| 演劇 | comments(2) |
第三舞台「深呼吸する惑星」
今日、大阪での追加公演、本当に本当にこれが私にとって最後の第三舞台でした。

初めて第三舞台を見たのは「デジャ・ヴュ'86」。
当時はいわゆる"小劇場ブーム"の時期。他の劇団にも出掛けましたが、第三舞台は私の特別でした。
そのうち生活環境がの変化で第三舞台に限らず芝居やライブを観に行くことが難しくなり、また、第三舞台自体も"封印"されて。
今年。

封印解除&解散。

これは絶対行かなきゃ。
それでも、本公演は先行・一般とも玉砕でした。
もう涙目でしたよ。
でも、でも。追加公演。千秋楽となった公演のチケットがとれたのです。

実は、正直、もう一度観られるとは思ってませんでした。
一応10年封印とは言ってましたが、解除しない可能性だってあったと思うのです。
開演前、ロビーで「More than this」聴いたあたりからもう気分が盛り上がってしまって。2時間あまりの公演時間はあっという間でした。
「ずっと好きだった」にあわせてカーテンコールが何度も何度も。


今日この場所にいられて、幸せだった。




高橋一生、凄い良かったよ。
| 演劇 | comments(1) |
| 1/1PAGES |